トップページ地方・小出版流通センターTOPサイトマップ

地方・小出版流通センター

地方・小出版流通センター発行情報誌「アクセス」より

新刊ダイジェスト(2013年01月号発行分)

『新宿、わたしの解放区』●佐々木美智子著

書影

1956 年、佐々木美智子22 歳、離婚して働いていた札幌のキャバレーを辞めて上京、新宿でおでん屋を始める。やがて日活に就職するが、写真家を目指して専門学校に。60 年代後半、日大闘争を頂点に全共闘運動が激化する中、新宿ゴールデン街に3 坪のバー「むささび」を開く。秋田明大など生涯の同志とも言うべき思想を共有し合える人々に出会う。
黒木和雄の映画作りにも参加。旅したブラジルに居つき、ここでもバーを。さらに日系人のためにと図書館まで作る。今はまた日本に戻り、写真集『日大全共闘』の出版、反原発運動と止まることなく駆け回る。自分に忠実に骨太に、しかし天真爛漫に生きる女の物語。
◆ 2625 円・四六判・275 頁・寿郎社・北海道・2012/9 刊・ISBN978-4-902269-53-6

《オンライン書店で購入》
※主なショッピングサイトのトップページにリンクを貼っています。リンク先の書店によっては、お取り扱いしていない場合があります。ご了承ください。
アマゾンHonyaClub.com紀伊國屋WebStoreブックサービスhontoセブンネットショッピングe-hon楽天ブックス文教堂Jbooks丸善&ジュンク堂書店TSUTAYAエルパカbooksYahoo!ショッピング

地方・小出版流通センターへの直接注文、お問い合わせはコチラをご覧ください。


『文学的思念の光彩』●梶木 剛著

書影

梶木(1937-2010)の文学評論3 部作の完結編で、様々な出会いがモチーフとなっている(前2 作は本誌既報)。彼は早くから吉本隆明に師事し、吉本らの創刊した雑誌『試行』にたびたび寄稿した。詩、歌の本質や成立について、吉本に強い影響を与えた折口信夫に彼も傾倒し、そこからさらに柳田國男の民俗学にも深く心を寄せた。そのことは前半に詳しく、本書の核心をなしている。後半は平野謙、横光利一、奥野健夫、関口安義、徳田秋声、芹沢俊介など30 数氏について論評する。いずれも、定説化されたものに対して堂々と再考し論じている。
なお、冒頭の梶木の若い日の文学的自伝は面白く、興味対象の変遷とその理由がわかる。
◆ 3150 円・四六判・372 頁・深夜叢書社・東京・2012/10 刊・ISBN978-4-88032-403-6

《オンライン書店で購入》
※主なショッピングサイトのトップページにリンクを貼っています。リンク先の書店によっては、お取り扱いしていない場合があります。ご了承ください。
アマゾンHonyaClub.com紀伊國屋WebStoreブックサービスhontoセブンネットショッピングe-hon楽天ブックス文教堂Jbooks丸善&ジュンク堂書店TSUTAYAエルパカbooksYahoo!ショッピング

地方・小出版流通センターへの直接注文、お問い合わせはコチラをご覧ください。


『としょかんねずみ2』●ダニエル・カーク著/わたなべてつた訳

書影

図書館に住むねずみのサムは本を読むのも書くのも大好き。書いた本は子どもたちに大評判になるけれど、誰もサムに会ったことはない。ある日、絵本作家クラブで二人一組で絵本を作ることになるが、トムという男の子が、サムの置き忘れた本を見つけ、サムの正体に気がついてしまう。それでも恥ずかしがりやのサムは姿を現さないが、手紙のやり取りで 顔を合わさずに二人で絵本を完成させる。
だけど、それではサムの正体がわかってしまうのでは。トムはサムの秘密が守れるのか?本作りの楽しさに加え、友情の大切さも描いた人気絵本シリーズの続編。背景にはさまざまな共同絵本も描かれ、人気のある絵本がわかる仕組みになっている。
◆ 1680 円・268 mm x 214mm・30 頁・瑞雲舎・東京・2012/10 刊・ISBN978-4-916016-96-6

《オンライン書店で購入》
※主なショッピングサイトのトップページにリンクを貼っています。リンク先の書店によっては、お取り扱いしていない場合があります。ご了承ください。
アマゾンHonyaClub.com紀伊國屋WebStoreブックサービスhontoセブンネットショッピングe-hon楽天ブックス文教堂Jbooks丸善&ジュンク堂書店TSUTAYAエルパカbooksYahoo!ショッピング

地方・小出版流通センターへの直接注文、お問い合わせはコチラをご覧ください。


『ひずみの構造 −基地と沖縄経済』●琉球新報社編著

書影

沖縄は「基地が無ければ食っていけない」というのは、よく聞く言葉である。では実際は基地における雇用や、米軍関係者の基地外での活動は沖縄経済にどういう影響を与えたのか? 基地に対する見返り的な振興費はどう使われ、自治体の財政はどれくらいそれに頼っているのか? 
本書はそれらをひとつずつ見ていく。すると、むしろ米軍基地が沖縄の経済発展を阻害している実態が明らかになってくる。基地は経済を振り回し財政をいびつにしていったのだ。では一体そこからどうしていけばよいのか。本書はさらに未来も見据えて、基地の跡地利用といった基地依存から脱却する各自治体の試みもリポートしている。
◆ 980 円・新書判・212 頁・琉球新報社・沖縄・2012/8 刊・ISBN978-4-89742-148-3

《オンライン書店で購入》
※主なショッピングサイトのトップページにリンクを貼っています。リンク先の書店によっては、お取り扱いしていない場合があります。ご了承ください。
アマゾンHonyaClub.com紀伊國屋WebStoreブックサービスhontoセブンネットショッピングe-hon楽天ブックス文教堂Jbooks丸善&ジュンク堂書店TSUTAYAエルパカbooksYahoo!ショッピング

地方・小出版流通センターへの直接注文、お問い合わせはコチラをご覧ください。


『攻め切る −指揮官西野朗の覚悟』●戸塚 啓著

書影

サッカー監督西野朗にとって攻め切るとは、「2対0 で勝っていて(守りに入り)そのまま逃げ切れるとか、最悪でも2 対1 で終わらせられるシチュエーションはたくさんある。(中略)63 分に2 対0 にした。試合時間はまだ30 分ある。そこでは、バランスを考えながらも追加点をどう取るかを考えたい。
2 対0 なら3 対0、4 対0 にしたい。70 分間せめて、残り20 分間は逃げ切るばかりじゃ、攻撃的なチームスタイルは確立されない!」2004 年3 節を振り返ってのこの発言に集約され、そして、この姿勢に西野監督への評価の高さがある。本書はユース代表からガンバ大阪までの20 年の監督歴を振り返る。
◆ 1680 円・236mm x 184mm・175 頁・アートヴィレッジ・兵庫・2012/6 刊・ISBN978-4-905247-13-5

《オンライン書店で購入》
※主なショッピングサイトのトップページにリンクを貼っています。リンク先の書店によっては、お取り扱いしていない場合があります。ご了承ください。
アマゾンHonyaClub.com紀伊國屋WebStoreブックサービスhontoセブンネットショッピングe-hon楽天ブックス文教堂Jbooks丸善&ジュンク堂書店TSUTAYAエルパカbooksYahoo!ショッピング

地方・小出版流通センターへの直接注文、お問い合わせはコチラをご覧ください。

新刊ダイジェストのトップページに戻る


株式会社 地方・小出版流通センター
郵便番号162-0836 東京都新宿区南町20
TEL.03-3260-0355 FAX.03-3235-6182
電子メールでのお問い合わせは、chihosho@mxj.mesh.ne.jpまで
当ページに掲載されている記事・書誌データ・写真の無断転載を禁じます。


トップページ地方・小出版流通センターTOPサイトマップ